エステの正社員で働くコツ

エステは海外ではスペシャリストとして認知度も知名度も高く、女性の憧れの職業の1つとして常にランクインする人気の職業です。

欧米に遅れる事数十年、国内でもようやく全国津々浦々で展開し始められたエステは、まだ手探り且つ価格や敷居の高さから業務内容について十分把握されていないのが現状です。

こうしたエステ業界の正社員として働くコツは、1にも2にも技術力の向上です。
正社員として働くメリットは顧客の人数に係らず安定した最低限の収入が確保される点、福利厚生等の充実が挙げられます。
これに甘んじる事なく、より会社を大きく営業利益拡大に貢献する正社員になれば、自ずと貴方の給与もアップします。

ある意味、他の業種に比べて実力主義の社会なので、エステティシャンとしての貴方の腕次第では幾らでも成長する事が可能な業界だと言えます。
将来独立する事も夢ではありません。

必要最低限の施術が出来れば良いではなく、正社員だからこそ可能な最新技術を駆使した機器を使った施術を学んだり、海外への研修制度を利用してより腕を磨くなど、スキルアップを常に念頭に置く事が成功する秘訣です。
採用してもらった会社への恩義を忘れずに、1人でも多くの顧客に満足してもらえる施術をこなせる腕を磨いてください。

年功序列ではありません、経験や実績が何より重要です。
顧客のニーズに応える事の出来る技術と要望を汲み取る感性が求められます。
日々勉強だと思って、スペシャリストを目指してください。